年下の彼氏とお付き合いしているんだけど。

私は38歳の会社員をしている女です。
会社関係のパーティーで知り合った14歳下の24歳の男の子と知り合いました。
とてもフレッシュな感じで若々しいので、目をつけました。
話しかけて、連絡先を交換することが出来たので、連絡を取り合うようになって、まもなくお付き合いするようになりました。
若い彼氏とお付き合いすることはとてもいいと思いますよ。
なによりも一緒にいると、自分が若若しくいられます。
美容にも気合いを入れるようになるので、綺麗になったね。
と言われることも増えました。
セックスもとても元気なので、一日に何回も抱いてくれるので満足しちゃいますね。
しかしやはり欠点もあります。
若い彼氏というのは、人生経験があまりありませんので、何しろ、頼りがありません。
訪問販売などがあっても、うまく断れなくて、いらないものも買ってしまうこともあります。
一緒にドライブしていた時に、接触事故を起こした時も、あたふたしてとまどっているところを私が警察を呼んで処理したりと、問題解決能力が低いところが欠点ですね。

年下の彼氏とお付き合いしているんだけど。

当時、私は喫茶店で働いていました。
その隣の食堂で、ヤンキー風の17歳の男の子がアルバイトをしていて
休憩時に私が働く喫茶店へ休憩にきていました。
目が合うとパッと逸らして今度はチラチラ見てくる。
そんな感じで数ヶ月が過ぎた頃、開店前の店内を掃除していたら中に入ってきて
テーブルの上に上げていた椅子を下ろすのを手伝ってくれました。
「重たいやろ、手伝ったるわ」と短い言葉で後は一言も喋らず
椅子を下ろし終わると「じゃあ。
」と言って出ていきました。
私はなぜか緊張して「ありがとう」としか言えませんでした。
数日後、仕事が終わって帰ろうとしたら外に男の子がいました。
「どうしたの?」と聞くと、「待ってた。
」と言ってついてきます。
「じゃあ駅まで一緒に帰ろう」と言ってあるき出しました。
私はやっぱロ緊張してあまり話せず黙っていたら
「俺、姉ちゃんが好きや。
」と言われたのです。
姉ちゃんと言われてちょっとビックリしましたが、素直にありがとうと言いました。
そして仕事が終わったら駅へ行く途中にある公園へ寄って
手をつなぎながら話しをしてから帰るという事が日課になりました。
キスもしないで手をつなぐだけ。
それだけでドキドキして幸せでした。
5歳年下でしたが、社会人と高校生というのは差が大きすぎました。
私は5年後27歳になるという事さえ怖くて交際には発展しませんでしたが
忘れることのできない私の大切な思い出です。
男の子がくれたネックレスを今でも大切に持っていて
それを見るたびにあの時のドキドキを思い出しキュンとします。

公開日: